2012年にハノイ日本語ガイドクラブの会員はバクニン省の五戸寺で平和のため、梵鐘を鳴らすように弁護士の渡辺さんの団体を案内した。

木曜日 - 11/06/2020 00:02
第二次大戦中に、ベトナム・バクニン省の五戸寺から日本へ持ち出された梵鐘が、1977年、弁護士の渡辺卓郎さんによって東京銀座で見つけられました。渡辺さんは知人らに呼びかけ返還運動を行い、翌1978年、鐘はベトナムに返還されました。
ハノイ日本語ガイドクラブ
ハノイ日本語ガイドクラブ

2012年にハノイ日本語ガイドクラブの会員はバクニン省の五戸寺で平和のため、梵鐘を鳴らすように弁護士の渡辺さんの団体を案内した。

第二次大戦中に、ベトナム・バクニン省の五戸寺から日本へ持ち出された梵鐘が、1977年、弁護士の渡辺卓郎さんによって東京銀座で見つけられました。渡辺さんは知人らに呼びかけ返還運動を行い、翌1978年、鐘はベトナムに返還されました。

しかしその後ベトナムで、中国やカンボジアとの紛争など混乱のため行方不明となります。調査の末、2002年、バクニン省文化会館倉庫で保管されていることがわかりました。2008年に同省の博物館が完成、ついに2012年、博物館で展示されることになりました。
hanoirekishi

情報源: ハノイ日本語ガイド・通訳の集め:

記事数点:5 に 1 評価

Ranking: 5 - 1 vote
この記事を評価するためにクリックしてください。
You did not use the site, Click here to remain logged. Timeout: 60