This is an example of a HTML caption with a link.

Category

Online Support

QR.コード LINE サーポット
twter QR twter
twter twter
連絡先 +8491.5566.770
Email Addressadmin@tienhung.org

Login

Traffic Exchange

OnlineOnline : 3


TodayToday : 52

This monthThis month : 4676

TotalTotal : 102306

自己紹介

Thank you for coming my web, see some information about me

Hello, Everybody. As you know, I am Hung, studied and graduated in English-Japanese department at Hanoi University, Km9 Nguyen Trai street, Thanh Xuan district, Hanoi capital, Vietnam. Now I am a Japanese Interpreter and Tourist Guide. As a Tour Guide, this Jobs can help me to understand more about...

Home » News » News about me

2019年2月はベトナム旧正月!旅行者おすすめエリア

TUEsday - 29/01/2019 14:12

2019年2月5日はベトナムの旧正月。政府の定める正月期間は2月2日から10日の9連休。日本人が行くほとんどの博物館や美術館は自治体が運営しているので、この期間は休みとなる可能性が大。そのほかショッピングセンターや雑貨店、レストランにスパなども正月三が日は閉店するところが多くあります。

「お正月でも関係なく楽しめる観光地に行きたい」と言う人も多いですね。そこで、今回は旧正月にほとんど影響されないベトナム国内の観光地をご紹介します。
 

ホテルや各種移動に伴うチケットは必ず影響がある

IMG_5568.jpg
ホーチミンのタンソンニャット空港

ただし、ここで紹介するのはあくまでもお店や観光地がほとんど閉店にならないエリアという意味です。ホテル宿泊料や移動に伴うチケット(ツアーバスの運賃や航空券、列車など)は旧正月期間は高騰します。ここで紹介するエリアは国内外で人気の観光地なので、特にホテル跳ねあがります。できれば早いうちから予約するといいでしょう。
 

旧正月でもすべてのお店が営業中!「ホイアン&フエ」

IMG_2092.jpg
ホイアンの日本橋

ベトナム中部の世界遺産ホイアンは、旧正月期間でもほぼすべてのお店が営業しています。ですので、外国人だけではなく国内旅行組のベトナム人観光客の姿も非常に多いのが特徴。ちなみにホイアンと併せて行くダナンですが、こちらの観光地であるチャム彫刻博物館や市場は正月三が日は閉店している可能性が高いです。また、中部はホーチミンのような常夏の気候とは少し異なるため、2月のこの時期は海水浴シーズンから外れます。できればホイアンやミーソン遺跡といった世界遺産観光をメインにする観光プランを立てるのがいいでしょう。

IMG_6207.jpg
フエのカイディン帝

また、ホイアンだけでは物足りないという方は、フエもおすすめです。フエ市街地のお店は閉店しているところも多いですが、フエ観光のメインは世界遺産の建築物の見学となるため、こちらは旧正月期間でもすべて見学可能です。ただしフエとホイアンは片道4時間ほどかかるので、日帰りではしんどいです。1~2泊フエ、2~3泊ホイアンといったスケジュールがいいでしょう。
 

海水浴を楽しむなら「ニャチャン&フーコック島」

DSCN1416.jpg

南国ビーチを楽しもう!

「日本の冬の時期に南国ビーチで海水浴を楽しみたい!」と考えるならば、ベトナムでは中南部及び南部がおすすめ。中部及び北部は冬の時期となり、海水浴はできないと思ってください。一方中南部と南部で外国人に人気のビーチエリアは「ニャチャン」と「フーコック島」。ニャチャンは世界から注目されているビーチリゾート地で、フーコック島は近年インフラが整備されてきて、外国人に向けて誘致がはじまっている新たなリゾートアイランド。

IMG_0737.jpg
フーコック島の美しいビーチ

ビーチであれば旧正月の影響は受けませんので、思う存分に楽しむことができます。観光客でにぎわっているビーチならばニャチャン、プライベートビーチを楽しみたいならフーコック島がおすすめです。ニャチャンもフーコック島もホーチミンを経由して空便で行くことになりますので、もし1週間程度の旅程が可能なら、ホーチミンに数泊滞在するのがおすすめです。
 

北部ハノイ旅行なら、世界遺産「ハロン湾&ニンビン省」に行こう!

済 (2).jpg
正月も大賑わいのハロン湾

ハノイ市街地の観光は博物館や旧市街がメインとなりますので、旧正月期間中はほとんどの施設が閉店しています。それでもハノイ観光を計画しているのであれば、自然遺産の「ハロン湾」と「ニンビン省」へ行くのがいいでしょう。いずれも世界遺産のため、旧正月期間でも観光できますし、ツアーも実施しています。ちなみに近年人気急上昇しているサパですが、こちらの旧正月の様子は読めないため、ハノイにあるツアーデスクで現地の様子を確認するようにしてください。

IMG_4272.jpg
ニンビン省のタムコック

ニンビン省はハロン湾より手前(ハノイ寄り)にある自然遺産。ボートクルーズはチャンアンとタムコックで楽しむことができ、それ以外でも景勝地のハンムア、寺院のバイディン寺やビックドン寺、ホアルーといった観光地も同時に楽しむことができます。もちろん旧正月でも見学可。ハロン湾もニンビン省も1日がかりでの観光となるので、しっかりと防寒具を用意してから臨みましょう。
 

旧正月は自然派観光地へ行こう

今回紹介したエリアからも分かるように、旧正月はどこの地域も市街地の観光はあまりおすすめできません。この時期に観光する場合は、世界遺産のような不動のエリアや、ビーチのような自然を満喫できる場所が、正月イベントに捕らわれることがないためおすすめとなります。

Author: Mr Hung modified

Total notes of this article: 10 in 2 rating
Click on stars to rate this article

Newer articles

Older articles